がん医療研修機構

当会について

がん医療研修機構会則

(名称)
この団体は、がん医療研修機構という。但し、英文では Japanese Organization of Clinical Oncology Training と表示する。
(目的)
この団体は、がんの患者やその家族およびがんの医療に携わる人々を対象として、がん医療に関する情報の収集・伝達、普及啓発を行い、がん医療及びがんチーム医療の質の向上を図る研修セミナー・講演会などの事業を行うことにより、がんに対する治療成績を向上させ、生活の質を高め、医療過誤を可及的に少なくする事を通して、公共の福祉に貢献する事を目的とする。
(事業の種類)
この団体は、次の事業を行う。
  1. がん医療に関する研修セミナー・講演会などの事業
  2. がん医療に関する研修支援事業
  3. がん医療に関する情報収集および情報提供事業
  4. がん医療に関する普及啓発事業
  5. その他目的を達成するために必要な事業
(会員の種別)
この団体の会員は、次の2種とする。
  1. 正会員  この法人の目的に賛同して入会した個人
  2. 賛助会員 この法人の目的に賛同し賛助するために入会した団体
(会員のメリット)
  1. 正会員
    • セミナーに会員として参加可能
    • セミナープログラムの無料配布
  2. 賛助会員
    • セミナーへの参加無料(1セミナーにつき5名まで)
    • セミナープログラムの無料配布
    • ホームページへのバナー掲載、リンク接続
(入会)
  1. 会員の入会について、特に条件は定めない。
  2. 会員として入会しようとするものは、理事長が別に定める入会申込書により、理事長に申し込むものとする。
(入会金及び会費)
会員は、総会において別に定める入会金及び会費を納入しなければならない。
  1. 入会金 正会員  無料
        賛助会員 100,000円
  2. 年会費 正会員  3,000円
        賛助会員 1口 200,000円(1口以上)
(退会)
会員は、理事長が別に定める退会届を理事長に提出して任意に退会することができる。
(拠出金品の不返還)
既に納入した入会金、会費その他の拠出金品は、返還しない。
(役員の種別及び定数)
この団体に、次の役員を置く。
  1. 理事3人以上15人以内
  2. 監事1人以上3人以内
理事のうち1人を理事長、1人以上3人以内を副理事長とする。
(役員の職務)
  1. 理事長は、この団体を代表し、その業務を総理する。
  2. 副理事長は、理事長を補佐し、理事長に事故があるとき又は理事長が欠けたときは、理事長が予め指定した順序によって、その職務を代行する。
  3. 理事は、理事会を構成し、総会または理事会の議決に基づき、この団体の業務を執行する。
  4. 監事は、理事の業務執行の状況、この団体の財産の状況を監査する。
(役員の任期等)
役員の任期は、2年とする。
(事業年度)
この団体の事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

役員

理事長 谷川原 祐介 (慶應義塾大学医学部臨床薬剤学教授)
副理事長 徳田  裕 (聖隷横浜病院乳腺センター センター長、東海大学医学部客員教授)
副理事長 渡邉 眞理 (横浜市立大学学術院医学科医学部看護学科成人看護学
 /大学院医学研究科がん看護学分野教授)
理事 小島 操子 (前聖隷クリストファー大学学長、前日本がん看護学会理事長)
岡元 るみ子 (千葉西総合病院腫瘍内科部長)
佐治 重衡 (福島県立医科大学腫瘍内科学講座主任教授)
三浦 里織 (首都大学東京健康福祉学部看護学科准教授)
濱  敏弘 (公益財団法人がん研究会有明病院薬剤部長・院長補佐)
加藤 晃史 (神奈川県立循環器呼吸器病センター呼吸器内科医長)
佐野 元彦 (埼玉医科大学総合医療センター薬剤部主任)
中島 貴子 (聖マリアンナ医科大学臨床腫瘍学講座教授)
監事 番匠 章子 (北里大学病院看護研修・教育センター)
相羽 惠介 (医療法人社団東光会戸田中央総合病院腫瘍内科、東京慈恵会医科大学客員教授)